【転職体験談】41歳でWebマーケティングから営業に転職

41歳ではありますが、異業種への転職としてWEB業界(制作/マーケティング)の仕事から人材営業(正社員)への転職を行いました。

かなり厳しい転職活動ではありましたが、結果として人材営業として就職をすることが出来ました。 5ヵ月間の転職活動の内容をここでお伝えしたいと思います。

今回わかったこと

転職活動を振り返って、気が付いた転職のポイントをまとめてみます。

  1. 41歳で初めての職種への転職は難しいということ。異業種への転職は35歳ぐらいまでが無難
  2. 転職エージェントは面談するだけでも転職の知見がつくため意味があった

「40歳・職種経験なし」では転職エージェントでの転職は無理

まず転職にあたっていくつかの転職エージェントに登録をしましたが、毎回キーワードとして出てくるのが「即戦力」さらに「マネジメント経験」という言葉でした。

マネジメント経験どころか営業の経験もない40歳を営業職として入社させるとなると、企業がエージェントへ紹介料を支払うメリットが見つかりません。そのため、エージェント経由での転職はほぼ無理に近い状態でした。

ただし、転職エージェントで面談を受け各コーディネーターの方と話す30分~1時間の時間があったことで、ネットからでは得られない貴重な情報を知ることも出来ました。

これだけでも転職エージェントへ登録して良かったと思っています。

そのため、たとえ初めての職種となる転職であっても転職サイトだけでなく、転職エージェントやエージェント横断サイトのようなサービスへの登録は意味があると感じました。

職種の実務経験があれば40歳でも45歳でも転職はできる

2010年代の前半ぐらいまでは35歳限界説という言葉もよく聞きましたが、これは今回活動していてほとんど感じることはありませんでした。

元々web制作で15年近く仕事をしていたのですが、同じweb系の仕事であれば求人を紹介されそうな雰囲気がありましたし、面接まで進んだ可能性も十分に感じられました。途中で路線を変更して営業希望からインターネット関係の仕事にシフト変更していれば、そこまで苦戦せずに転職が決まったかもしれません。

求人倍率が1.6倍という圧倒的な売り手市場を感じるとともに、35歳限界説というのはもはや前のことになったんだなとこの自身の経験から思うのでした。

転職活動(1ヵ月~3ヵ月)

今回の転職活動の流れを説明してみたいと思います。

転職活動で活用した媒体は、ハローワーク、転職エージェント7社、転職サイト3社となります。

転職の前提条件

転職前 転職後
職種 WEBマーケティング 人材営業
年収 500万 300万
職務経歴 WEBマーケティング 14年

今回はフリーランスでWeb系の仕事を14年しておりましたが、一転サラリーマンにキャリアチェンジしたいという前提で転職活動を行っています。サラリーマンとしてのこれからの経験を考えた際、マーケティング職よりも営業職により良いと考えました。

また、営業の実務経験がないため年収は下げ300万で面接を受けています。

【参照】営業の仕事内容(営業職を10種類にわけてメリットなどを解説)

活用した転職エージェント一覧

次に今回の転職で関わりがあった転職サイトや転職エージェントを紹介します。

  1. リクナビNEXT:国内最大級の転職サイト ◎
  2. リクルートエージェント:登録できず
  3. ワークポート:リクナビ内でオファーがあり登録 〇
  4. DODA:1番しっかりヒアリングしてくれたエージェント ◎
  5. スプリング転職:電話面談
  6. ビズリーチ:数社の提携エージェントから求人の紹介あり
  7. 人材バンク:登録
  8. JACリクルートメント:面談 〇
  9. ハローワーク:内定 ◎

今回、転職エージェントには数社登録が出来ましたが、面接まで行けませんでした。それでも、紹介される人材系企業の求人票を見れたり(募集要項や傾向がわかる)、コーディネーターとの会話の中でいろいろと勉強になることが多かったので、転職エージェントに登録した意味はありました。次の転職があってもおそらくエージェントは間違いなく登録すると思います。

また、転職サイト提携の中小エージェントからオファーが来るタイプの転職サービス(リクナビNEXTやイーキャリアなど)が、思ったよりも反応があって転職活動中のモチベーションを上げてくれました。

例えば、リクナビであれば提携エージェントが300社近くもあります。この提携エージェントからオファーをもらうことが出来ます。 同様にビズリーチも提携エージェントが100社~200社を超えてあります。 このようなエージェントまとめサービスも、最近では活用する人が増えてきていますので、40歳の転職ではより活用してすることをおすすめします。

40歳であり営業経験がまったくない状態でありながら100社以上の求人の紹介をしてくれるエージェントもありました。

1社目:リクナビNEXTに登録

おそらく、多くの人が1番最初に登録するのではないかと思われる、リクナビNEXTになりますが、 結果的に今回の転職において1番良かった媒体になりました。

異業種転職で転職の難しさを感じながらの活動となりましたが、 リクナビでは企業からのオファーや提携エージェントからの連絡があり、活動をしている感覚が持てたのがその理由になります。

リクナビのおかげで、モチベーションを保つことが出来ました。

また、途中、Web系企業からのオファーがあり、面接を受け内定をもらえたのもリクナビ経由になります。 活動の初期にはWeb系の仕事で就業するか、営業へキャリアチェンジするか迷っていた時期もあり、まずWeb系も受けてみようということで1回面接を受けています。

内定は辞退しましたが「Web系であれば、なんとか仕事は見るかるだろう」という気持ちを持てましたので、 営業の転職を諦めた際の、次の活動を見据えることが出来ました。

2社目:ワークポートに登録

初めてのエージェント登録はワークポートになります。 リクナビNEXTのサービスの1つに「エージェント横断サービス」があって、リクナビのページ内へこの会社から連絡があって面談設定をした形になります。つまりリクナビ経由で登録しています。

この時点で人材業界への熱がかなりありましたので、担当のカウンセラーの人に「年収などはどれだけ下がってもいいので人材業界の仕事を紹介してほしい」と伝えていました。

「人材業界もWEB系と同じでかなり年齢が低い会社が多いので」といった話ももらいつつも、転職エージェントに登録しに来ているだけで転職活動をしている感があったので、個人的にはこちらもリクナビと同じで、登録してよかったと思っています。

ここではいくつか求人を紹介されましたが、面接までは辿り着けませんでした。

3社目:DODAに登録

2社目のエージェントとなったのがDODAでの登録になります。 ちなみに転職エージェントは40代という年齢で、異業種への転職となると、半分ぐらいのところには登録も出来なくなります。残念ではありますが、リクルートエージェントやマイナビエージェントといった人気エージェントは今回登録もできませんでした。

電話面談ということで、実際にDODAのなかで面談したわけではないのですが、ヒアリング内容などかなりたくさんの質問をされて、DODAの特徴を感じました。

30分ほどの面談の後に、担当カウンセラーの方から「とりあえず人材系の求人をぜんぶ見れるようにしておきますから、とにかく応募してみてください」「かなり難しいとは思いますが、現状からいってあまり気にせず応募してしまうのが良いと思います」ということで、とても前向きな気持ちにしてくれる面談となりました。

その後、実際に80社近くネット応募してみましたが、残念ながら面接まですすめたところはなかったので、気持ちを切り替え次のエージェントを探すことになります。

4社目:スプリング転職に登録

このあたりから、今回の転職活動の最初の壁がきます。リクルートやマイナビなどで登録できるエージェントが見つからず、ようやく見つけたのがスプリング転職。

こちらもDODAと同じく電話面談となり30分ほど面談を受けましたが紹介されたのは3社のみとなり、それもやはり書類選考でNG。

40代で経験がない異業種転職の難しさと感じると同時に、このままエージェントで活動をしても意味がないと感じてきたのが、このあたりになります。

5社目:ハローワークへ登録

転職当初から、「転職エージェントと転職サイトでダメだったらハローワークで」と決めていたので、活動2か月目にしてハローワークでの活動を始めました。

結論からいうとハローワークにはかなり助けられましたし、実際に内定はハローワークでもらっています。とにかく求人が多いので、人材営業の求人もそれなりに見つけることができました。

転職エージェントでは紹介される求人も限られ、応募自体もできない状態でしたので、ハローワークをメインにしてからは、とりあえず求人を探すことには困らなくなりました。

書類審査にはなかなか通過しないので面接まではたどり着けないまでも 、毎週相当数の求人が登録されることもあり「ハローワークで活動していればたぶんいつか仕事は見つかるだろう」という気持ちになっていました。

6社目:ビズリーチに登録

転職活動も3か月となり中盤から後半にはいってきたこの時期、ハローワークでの就職活動をはじめつつ、転職サイトへまだ登録を行っていました。

ただしこの頃は転職エージェントで面接に行けることはほぼ期待していなかったので投げやり状態での登録となります。 ビズリーチは基本的に年収600万円以上のハイキャリア転職のサービスになるので、自分にはあてはまっていいませんでしたが、登録するだけはしてみました。

2年前の年収である500万で登録をしたところ、Web系の求人で何社からか連絡を頂けることに。ただ営業職ではオファーはこなかったため、応募することはありませんでした。

7社目:JACリクルートメントに登録

最後に登録した転職エージェントがJACリクルートメントになります。 ビズリーチと同じく年収500万を超える求人に強みを持つエージェントになります。

今回のエージェント登録では2回目となる会社内での面談となり、面談ブーストに行くことに。結果、WEB系での転職であれば求人紹介が可能だけれど、異業種転職となる人材営業での紹介は難しいということで、求人の紹介はされませんでした。

ここまでで4社の転職エージェントに登録し、求人へ応募できたのはワークホートとDODAという結果に。応募についてもすべて書類選考で落ちていることから、この時点で転職エージェントでの転職活動はあきらめました。

あたりまえの結果かもしれませんが、40代経験なしの異業種転職で転職エージェントや転職サイトで仕事を見つけるのは、とても難しいという結果になりました。

転職活動(3ヵ月以降~)

ハローワーク経由で週に4~5社に書類送付

転職活動も4ヵ月に入り、気持ちを切り替えて活動先をハローワーク一本にすることに。

ハローワークでは少し無理な条件でも気にせず、とにかく履歴書と職務経歴書を送ることにしました。

この時、大体、一週間に4社~5社ぐらいは応募していました。大変だったのが履歴書と職務経歴書の作成。それと発送作業。事務作業になれていないので、履歴書を1社に送るのにも時間がかかります。

面接1社目

ハローワークで10社ぐらいに履歴書を送ったところで、ようやく書類選考を通過し面接を受けることができました。社員数がおそらく5人ほどの人材派遣会社。

面接では「ホームページは作れるか」「営業経験がないとなかなか難しい」「派遣で働いてみては」ということで、興味をもって話しを聞いてもらえたものの、派遣で就業する話もでたりしました。

「そこは営業でお願いします」という初志貫徹のもと面接を終えましたが、内定までは至らず。結果的には残念でしたが、頑張って応募すれば面接は受けることができると前向きに考えることができた会社になりました。

面接2社目

ハローワーク2社目の面接で無事、内定。

2社目に営業として受けた会社では、会社のホームページを作っていることもあり 営業として半分の業務を行い、残りの半分はWeb制作として会社のホームページを作り直して欲しいという条件で入社できました。

内定まで大体4か月~5か月もの時間がかかりましたが、これでようやくキャリアチェンジできたことになります。

人材営業として内定

時間はかかりましたが、40代前半でまったく経験がない「人材営業」という異業種への転職を成功させましたので、個人的には転職成功といえる結果となりました。

このぐらいの年齢で転職活動を行う場合、キャリアがある方の場合は1ヵ月ぐらいですぐ決まるかもしれませんが、 そうでない場合は数か月を超えることも十分考えらます。そのため仕事をしながら活動を始めたほうが良いのかなと感じました。

年齢別のおすすめ転職媒体

20歳、30歳と年齢や実務経験の違いでおすすめ出来る転職サイトは変わってきます。

対象 説明
20歳~29歳むけ「転職サイト・転職エージェント」まとめ 20歳~29歳の方が転職を考えたときに、おすすめしたい転職サイトをまとめています。年齢や経験ごとに、いくつかのタイプ別に分けて紹介しています。
30歳~39歳におすすめ転職サイト・転職エージェントまとめ 30歳~39歳の方が転職を考えたときに、おすすめしたい転職サイトをまとめています。年齢や経験ごとに、いくつかのタイプ別に分けて紹介しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です