IT系の仕事内容(SE、プログラマー、ネットワークエンジニア、サーバーエンジニアなど)

平均年収 平均年齢
-万 -歳
勤続年数 求人倍率
ー年

ー倍

※平成29年賃金構造基本統計調査・一般職業紹介状況より

IT系の仕事と一言でいっても、その職種は多岐に渡ります。主なところではSEとプログラマーです。C言語やJAVAを覚え、作るシステムのコードを書いて行くのがプログラマーで、そのシステムの仕様を考えたり、制作の進行指揮を執るのがSEになります。またシステムを作るところからは離れ、会社内にある多くのPCをルーターなどを介して設置、保守運用するのがネットワークエンジニアとなり、データを保管するためのサーバーの設置や管理を担うのがサーバーエンジニアとなります。

IT系の求人で大きなボリュームをしめているのはSEでありプログラマーですが、サーバーエンジニアやネットワークエンジニアの求人もそれなりに多いです。

将来のキャリアパス

基本的にはプログラマーから入り、その後SEなどより上流の工程を担当することになります。ネットワークエンジニアやサーバーエンジニアに関しても、設置や設定などを行った後は、ネットワーク全体の設計や機器の選定など、全体を取り仕切る役割が待っています。

IT系の仕事の場合、求人ボリュームもあり将来的にも需要が増えることが予想されます。また上位職種の就業経験があったり、プログラマーであっても高い技能を保有していれば制作物として目に見えやすいので、40代~50代でも他業種に比べるとキャリアパスや転職が見えやすい業種になっています。

IT系の仕事はこんな内容。

1.プログラマー

プログラマーの場合、まずJAVAやC言語などの言語を習得し、SEから落とされたシステムをコーディングしていくことになります。コードを1000行で書く人もいれば500行で書く人もいて、より分かりやすい、変更しやすいコードを書ける人はお給料が高くなります。

また、構築するシステムや会社が変わることによって使う言語も変わりますが、いくつかの言語に対応できるようになれば、プログラマーとしてのキャリアパスは安定します。

3.ネットワークエンジニア

企業から求人を取ってくる法人担当と、求職者と面談し求人を紹介したりサポートを行うキャリアコーディネーターに別れているのが人材営業です。大手の場合は分業制になっているところが多いですが準大手~中小であればどちらも担当する両面型と言われる形で仕事をします。

基本的には自分の強みのある業界に特化し、人材が足りていない企業にアプローチをして「こんな人材を求めている」といった御用聞きをします。そこから自社や他社提供による求職者のデータベースから求職者にもアプローチをしてマッチングをするのが仕事になります。

元々の求職者が人材や求人を紹介してくれることもあります。一方で求職者が在職中の場合は18時以降や土日の面談を希望される場合も多かったり、転職を成功させてもミスマッチからすぐに辞められてしまう場合などもあります。

3.サーバーエンジニア

人材営業の場合、企業から求人を取ってくる法人担当と、求職者と面談し求人を紹介したりサポートを行うキャリアコーディネーターに別れます。大手の場合は分業制になっているところが多いですが準大手~中小であればどちらも担当する両面型と言われる形で仕事をします。

基本的には自分の強みのある業界に特化し、人材が足りていない企業にアプローチをして「こんな人材を求めている」といった御用聞きをします。そこから自社や他社提供による求職者のデータベースから求職者にもアプローチをしてマッチングをするのが仕事になります。

元々の求職者が人材や求人を紹介してくれることもあります。一方で求職者が在職中の場合は18時以降や土日の面談を希望される場合も多かったり、転職を成功させてもミスマッチからすぐに辞められてしまう場合などもあります。

4.データベースエンジニアなど

 

 

現場で働いているIT系のクチコミ

職場の年齢層は低めです。

ニックネーム(20歳・男性・人材営業)★★★★

非常にやりがいのある仕事ですが、求職者が10人いれば2名紹介させられればいいほうです。就業後に面談をした方のデータをまとめることも多く基本的にハードワークだと思います。

気になる職種:IT営業

職場の年齢層は低めです。

ニックネーム(20歳・男性・人材営業)

非常にやりがいのある仕事ですが、求職者が10人いれば2名紹介させられればいいほうです。就業後に面談をした方のデータをまとめることも多く基本的にハードワークだと思います。

気になる職種:IT営業

職場の年齢層は低めです。

ニックネーム(20歳・男性・人材営業)

非常にやりがいのある仕事ですが、求職者が10人いれば2名紹介させられればいいほうです。就業後に面談をした方のデータをまとめることも多く基本的にハードワークだと思います。

気になる職種:IT営業

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です